お盆休みin2017!期間はいつからいつまで?業種別の日数も!

ゴールデンウィークが終わると、次に考えちゃうのは、大型連休が期待できるお盆休み!(え、気が早すぎる?)

お盆休みの期間は、お仕事によってもかなり違いますし、前後に土日などの休日があるかどうかでも、大きく変わってくるんですよね~。

2017年のお盆休みは一体何日あるんでしょう!?

スポンサーリンク

というわけで今回は、2017のお盆休みについて、期間いつからいつまでなのか調べてまとめてみましたよー!

業種別の休みの日数も一緒に調べたので、どうぞサックリご覧下さ~い♪

お盆休みin2017!期間はいつからいつまでなの??

一般的なお盆休みは8月13日~16日。

これを、前後の祝日・休日も考えながら2017年8月のカレンダーに当てはめてみますね!

8月のお盆休みは何連休?

このカレンダー通りに考えると、

13日(日)

14日(月)

15日(火)

16日(水)

の4連休ということになりますね。

今年は、休日にかぶっているのが13日の日曜日だけですね。
ちょっとだけもったいないかなーと思いますが、休日と2日間かぶっていた去年よりは良いかな!

カレンダーを見てお気づきになった方もいらっしゃると思うんですが、8月11日が祝日になってます。
これは、昨年、2016年から施行された『山の日』という国民の祝日です。

(関連記事:山の日という祝日が出来た!由来を簡単にご紹介します!

今年の山の日は、ラッキーなことに金曜日!
翌12日は土曜日なので、お仕事の職種にもよるかと思いますが、お盆休みの初日と繋げられる可能性大ですよね!

ということでこの山の日を休暇の始まりと考えると、

11日(金・祝日)

12日(土)

13日(日)

14日(月)

15日(火)

16日(水)

の6連休になります。

このことから、2017年の一般的なお盆休みは、

4連休 or 6連休

のどちらかといえそうです。

ですが、これはあくまでも一般的には、というお話。お仕事の業種や、その会社の方針(福利厚生が手厚いなど)によっても、日数は大きく変わってきます。

スポンサーリンク

業種別、2017年のお盆休みの日数

● 福利厚生の手厚い大企業や製造業

● 銀行や市役所などの公務員

● サービス業(医療福祉・飲食)や販売業

ではそれぞれを見ていきますね!

    福利厚生が手厚い大企業や製造業

    福利厚生が手厚い大企業などでは、お盆休みはかなり長い期間取らせてもらえるようです。製造業も、比較的長い期間のお盆休みがもらえるのだそう。

    どれだけ長いかというと・・・2017年は恐らく、10連休!!!

    お盆の最終日が16日(水)なので、その翌日の17日(木)、18日(金)を休みにして、19日(土)・20日(日)と繋げてトータルで10連休ですね。
    カレンダーで見るとこんな感じ。

    福利厚生がしっかりしてる企業や製造業などは10連休の可能性も

    お盆休み(13~16日)の前の祝日の山の日、11日から20日までの10連休
    羨ましいですね!!!!

    市役所などの行政機関や、銀行など

    銀行員さんなどは、基本的にカレンダー通りのお盆休み行政機関に勤める公務員さんや、銀行に勤める方は、基本的にカレンダー通りのお休みになるようです。
    カレンダー通りとはいわゆる『土日祝日』のことで、2017年でいうと、

    11日(金・祝日)

    12日(土)

    13日(日)

    の3連休ですね。
    昨年は山の日が木曜日だったため、間に有給を使わなければ、土日の2連休だけだったので、1日増えた分ラッキーなのではないでしょうか♪

    また、お盆休みではなく『夏季休暇』として、お盆をずらして何日かまとまった休みがもらえることがあるようです。

    私の友人の旦那さん(銀行員)もお盆の期間(13~16日)はカレンダー通りで、夏季休暇をお盆とずらしてもらっていると言っていました。

    サービス業(医療福祉・飲食)や販売業

    医療・福祉関係で入院施設のある病院や、入所施設にお勤めの場合、盆暮れ正月は関係ありません

    よってお盆期間中の連休というのは、基本的にはないです。(子供がいる主婦やパートさんだと、優先的にお休みをもらえたりします)

    その会社の方針によるのですが『夏季休暇』という名目で、順番に2、3連休をもらったりします。

    飲食店、販売業の方々にとっては、みんなが休みのシーズンはかき入れ時。当然、お盆休みもフル回転です。
    こちらも同じく、『夏季休暇』を順番にとっていく会社が多いようです。

スポンサーリンク

後記

    まとめ

    大企業や製造業は10連休の可能性大!

    行政機関や銀行などは11日、12日、13日の3連休

    サービス業や販売業はシフト制・・・

こうして見ると、業種や勤めている会社によってかなり違いがありますね。

でも2017年は山の日(8月11日)が金曜日なので、土曜日もお休みの会社ですと6連休の可能性が高いですね!

日ごろ有給は取りづらいな~と思っている方も、お盆休みの前後で土曜日なら、比較的取りやすいのではないでしょうか^^

楽しいお盆休みをお過ごし下さい♪

(関連記事:きゅうりとなすお盆飾りはなぜ作るの?意味もわかりやすく!

スポンサーリンク

イイネ!と思ったらシェアして頂けるとめっちゃ喜びます(*'∀'人)♥*+
こちらの記事も良く読まれています
サブコンテンツ

このページの先頭へ