2019年のゴールデンウィークは10連休!期間をカレンダーでチェック!

カレンダー通りに日常生活を送っている方にとって、ゴールデンウィークは春のお楽しみの一つではないでしょうか(^^♪

社会人だと春休みとか関係ないので、お正月の後はゴールデンウィークまで大型連休がありませんものね!

特に今年2019年は、ゴールデンウィークが10連休にもなるというから、期待でいっぱいです!

というわけで今回は、2019ゴールデンウィーク期間いつからいつまでなのか調べてみました!

わかりやすようにカレンダーを載せてありますので、チェックしてみて下さい (๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサーリンク

2019年のゴールデンウィークは…!?

2019年の4月末~5月上旬をカレンダーで見るとこんな感じです!

2019年のゴールデンウィークは10連休

特大連休…(; ・`д・´)!!

そうなんです!

今年2019年のゴールデンウィークは、

最大10連休!!!!

カレンダーの赤い日だけ休み(土曜日は出勤)という方でも、なんと9連休なんです!!Σ(・ω・ノ)ノ

どうしてこんな超大型連休が実現したかといいますと、大きなポイントは、

新天皇即位日(祝日)

即位日の前後の『国民の休日』

この2つ!
もう一度見てみましょう。

    2019年のゴールデンウィーク(10連休の場合)

    ● 4月27日(土) 休日

    ● 4月28日(日) 休日

    ● 4月29日(月) 昭和の日・祝日

    ● 4月30日(火) 国民の休日

    ● 5月1日(水) 新天皇即位日・祝日

    ● 5月2日(木) 国民の休日

    ● 5月3日(金) 憲法記念日・祝日

    ● 5月4日(土) みどりの日・祝日

    ● 5月5日(日) こどもの日・祝日

    ● 5月6日(月) 振替休日

この『国民の休日』、余り聞き覚えありませんよね?

国民の休日は祝日法(国民の祝日に関する法律)、ある特定の条件下でのみ発生するレアな休日なんです!

国民の祝日に関する法律 第三条三項

その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

簡単に言うと、前後を祝日に挟まれた日(祝日、休日以外)は、休日になるよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧ということ。

今年のケースだと5月1日が新天皇即位日(祝日)になったため、

● 昭和の日(祝日)と新天皇即位日(祝日)に挟まれた4月30日が『国民の休日』に

● 新天皇即位日(祝日)と憲法記念日(祝日)に挟まれた5月2日も『国民の休日』になった

というのが、2019年の超大型ゴールデンウィークの理由です!
(ゴールデンウィークは飛び石連休になることが多いから、大型連休うれしー(*’▽’))

(関連記事:ゴールデンウィークはいつから始まったの?由来や語源を調べてみた!

さて、ここまでは一般的なカレンダー通りのゴールデンウィークでした。

ここからは業種別ゴールデンウィーク期間についても、調べてみましたよ~!

スポンサーリンク

業種別!2019年のゴールデンウィーク期間は?

● 福利厚生の手厚い大企業や製造業

● 市役所などの行政機関や、銀行・郵便局

● サービス業(医療福祉・飲食)や販売業

一般的な企業は恐らく、前述した最大10連休(または9連休)という形になると思いますので、上に挙げた業種のゴールデンウィークを、それぞれ見ていきますね!

    福利厚生の手厚い大企業や製造業

    福利厚生が手厚い大企業では、お盆休みや年末年始休暇と同様に、ゴールデンウィークも長めのお休みになることが多いのだそう。

    例年9連休や10連休になっているようですが、今年も4月27日(土)~5月6日(月・振替休日)までの10連休と予想されます!(カレンダー通りですね!)

    また一部の製造業でも、

    ● 機械の稼働の関係
    ● 生産に直結する重要な取引先が休暇に入る

    などが考えられますので(何せ赤い日が続くので)、

    4月27日(土)~5月6日(月)までの10連休かと思われます。

    10連休あればゆっくり海外だって行けちゃうし、

    ● ちょっと遠い実家に帰省
    ● 小旅行
    ● のんびりお家時間を満喫する

    と、普段忙しくてなかなか出来ない事も、まとめて出来ちゃいますね!

    市役所などの行政機関や、銀行・郵便局

    市役所などの行政機関市役所などの行政機関や銀行、郵便局にお勤めの方のゴールデンウィークは、カレンダー通りの連休になると予想されます。

    つまり、一般企業と同じく10連休!

    お盆休みですら土日のカレンダー通りのお休みが多い行政機関や銀行関係にとっては、相当長いお休みとなりそうです(*^^*)
    (ただし、GW前のかけこみ需要がありそうで、GW前は業務が大変かもしれません)

    医療福祉、サービス業、販売業

    医療福祉系の方のゴールデンウィークは…カレンダーとか関係なし、24時間365日人手が欲しい!のが医療福祉系のお仕事(特に入院施設がある場合)
    病気もケガもカレンダー通りには来てくれないので、ゴールデンウィーク等関係なく出勤になります。

    従業員数が確保されている場合は交代で連休が取れるかと思いますが、人手不足の場合は完全にシフト通りのお休みになってしまいそうです。

    そして、みんながお休みの日にこそ忙しいのが飲食店や衣料品店などのサービス業

    サービス業の方のゴールデンウィークは…ゴールデンウィークなどの連休は観光地は言わずもがな、地元のショッピングモールですら人で溢れかえり、親戚が集まれば外食だって多くなりますよね!

    主婦業だって休みたいですし( *´艸`)

    なのでゴールデンウィークは出勤、その前後で交代で休みを取る、ということが多くなりそうです。
    (子供が未就学児の場合は、休みをずらして平日にお出掛け出来た方が絶対に楽ですね!)

スポンサーリンク

後記

    まとめ

    2019年のゴールデンウィークの期間、一般企業は…

    ● 4月27日、28日、29日、30日、5月1日、2日、3日、4日、5日、6日の10連休
    (新天皇即位日が祝日になり、前後の平日が『国民の休日』になるため)

    その他の業種のゴールデンウィーク期間は

    ● 大企業や一部の製造業…最大10連休
    ● 行政機関や銀行・郵便局…最大10連休
    ● サービス業…シフト制で交代で休暇

子供たちが大きくなってきたので、我が家では人生初の7人乗りファミリーカー(中古・とても状態が良い)を買いました。

旦那の趣味が大きく反映される形で選んだ車種ですが、今では私も子供たちも大のお気に入りに!

今年のゴールデンウィークには、夫の仕事の関係で長野に行くので、ワクワクしながら計画を練っている管理人なのでした( *´艸`)

皆様も良いゴールデンウィークをお過ごし下さい♪

スポンサーリンク

イイネ!と思ったらシェアして頂けるとめっちゃ喜びます(*'∀'人)♥*+
サブコンテンツ

このページの先頭へ