ルイボスティーはノンカフェインで体にいい』と知り、飲み始めたのが妊娠中。最初は不思議な味に感じるけど、スッキリ飲みやすくて、慣れるとクセになるんですよねえ。

子供の体にも優しいから麦茶代わりに飲ませてたら、6歳3歳の娘たちはすっかりルイボスティー大好きに♪ 夏はアイス、冬はホットで飲めるので、親子で一年中お世話になってます!

そんなルイボスティー、ノンカフェインということ以外にも、素晴らしい効果効能がある ってご存知でしたか?

今回は、ルイボスティーの効果効能や魅力をバッチリ調べてまとめてみました!

最後にはとっても簡単なルイボスチャイの作り方もご紹介するので、どうぞごゆっくりご覧下さい^^

スポンサーリンク

魅力たっぷり!特に女性にオススメな理由は

おしゃれな紅茶の写真まずは、ルイボスティーの素晴らしい効果・効能として挙げられている理由を、ざっと書いていきますね!

ルイボスティーは・・・

  • 老化やさまざまな病気の原因である《活性酸素》を除去する酵素を持つ
  • ミネラル豊富に含まれている
  • ノンカフェインなので老若男女問わず、誰でも安心して飲める

この中でも、ルイボスティーが美容・健康・妊活に特に効果的とされる理由が、一番始めに挙げた「活性酸素を除去する酵素を持つ」ことです。

大まかに分けてご紹介した3つの理由を、それぞれ詳しくまとめてみました!

老化の原因《活性酸素》を除去する酵素を持つ

鏡を見てしょんぼりする女性しみシワたるみほうれい線抜け毛吹き出物など、女性の悲鳴が聞こえてきそうなこれらの老化現象の原因のひとつに、活性酵素 というものがあります。

活性酸素は殺菌力が強く、体の中に侵入した細菌やウイルスなどを撃退している、とても重要な役割を持つ物質。ただし、加齢などの要因で必要以上に増えすぎると健康な細胞や遺伝子まで攻撃してしまいます。
これが酸化(サビる)と言われる作用で、いわゆる老化現象として表れるんですね。

増えすぎた活性酸素は怖いです。アンチエイジングの大敵なだけではなく、脳梗塞動脈硬化ぜんそく認知症など、体内で起こるさまざまな病気の原因の8~90%に、余分な活性酸素が関わっていると医学的にも証明されているのだとか。

人体のシステムとして、当然体内でも活性酸素を除去する物質を生成していますが、20歳をピークに生産量が徐々に減っていき、40歳では半分ほどになってしまうのだそう。つまり加齢と共に除去出来なくなる活性酸素が増える=老化現象が徐々に増えていく、ということになるんです。

コワ━━。゚(゚ノД`lll゚)゚。━━イ

そこで、ルイボスティーがオススメされる理由がコレ!

ルイボスティーには、この余剰分の活性酸素を除去する《スーパー・オキシド・ディスムターゼ(SOD)様酵素》が含まれているんです。 \(゚ロ゚ )ビシッ!

活性酸素をルイボスティーのもつSOD様酵素で除去する(抗酸化作用)ことで、効果が期待できるとされているものがたくさんあります。

以下に、簡単にまとめてみました。

美肌・美髪・ダイエットなどの美容全般

お肌がぴかぴかな女性ルイボスティーの抗酸化作用が皮膚や頭皮の新陳代謝を正常な状態に整えてくれます。更に、ルイボスティーにバランス良く含まれるミネラルが、お肌や髪・爪などの健康維持に一役買ってくれます。

前述した通り、しみ・シワ・たるみ・ほうれい線や吹き出物といった老化現象は余分な活性酸素が原因になっていることが多いので、SOD様酵素で活性酸素を除去することで、アンチエイジング効果が期待出来ます。

また、ルイボスティーに含まれるミネラルの一つ・マグネシウムは便秘解消に効果的。前述したSOD様酵素が体内の毒素を排出してくれるのでデトックス効果もあります。更に代謝も良くなり痩せやすい体へと体質を改善してくれるので、ルイボスティーは効率の良いダイエットのパートナーとして最適です。

お腹が緩めの方は、飲み過ぎるとお腹が痛くなることもありますので、ご自分の体質と良く相談されて下さいね。

活性酵素が原因の一つであるさまざまな病気の予防改善

とても有名で一度は聞いたことがある『脳梗塞』や『心筋梗塞』をはじめ、さまざまな病気の原因に活性酸素が関わっているということが、最近になってわかってきたようです。

病気にはもちろん他にも原因がありますが、余分な活性酸素を除去することで、病気の予防や改善などの効果が期待できるようです。

妊娠しやすい体作りのサポート

妊婦さんと赤ちゃんのイメージ《妊活》している女性の中では、既に周知のスーパー飲料であるルイボスティー。ルイボスティーの抗酸化作用が活性酸素を除去することで、妊娠を望む女性の子宮をフカフカにしてくれたり卵子の老化を遅らせたり、老化の影響を和らげ妊娠しやすい体へと、体質改善のサポートをしてくれます。

妊活には冷えも大敵なので、温かいルイボスティーがオススメされています。

二日酔いや、男性が特に気になる加齢臭の軽減

驚いたのですが、加齢臭や二日酔いにも活性酸素が関わっています。ルイボスティーのSOD様酵素で除去してあげることで、加齢臭の軽減、二日酔いの改善が期待できるのだそう。

ミネラルが豊富に含まれている

ミネラルは体内で作る事が出来ず、外からの摂取が必要となります。

ルイボスティーにはカルシウムや亜鉛、鉄、マグネシウムなどさまざまなミネラルがバランス良く含まれているんです。人間の体に近いミネラルバランスなので、細胞が活性化しやすいとも言われています。

ミネラルが豊富な方がイイのはなぜ?
ミネラルは、人間が生命を維持するのに必要な栄養素です。新陳代謝や機能の維持、歯や骨の形成、筋肉や神経、酵素など、さまざまな人体の機能にミネラルが深く関わっています。
ミネラルが不足すると、鉄などの《欠乏症》になったり、必要なビタミンが効果を発揮出来ずに排出されてしまいます。結果として、体がだるい、疲れやすいなどの不調が表れたり、精神的に不安定になったりします。

ノンカフェインで老若男女問わず、誰でも安心して飲める

一般的に良く飲まれているコーヒー、紅茶、お茶などにカフェインが入っているのに対し、ルイボスティーはノンカフェイン。離乳食を始めたばかりの赤ちゃんから高齢の方まで、誰でも安心して飲めるんです。

カフェインのように利尿作用などもないので、夏場・冬場の脱水症予防にも人気。リラックス効果もあるので、寝る前に飲むと安らかな眠りが期待出来ます♪

こうやってずらずら並べると、凄いことばっかりですねー!
副作用とかないの!? って気になりますよね。私は疑り深いので、こんな美味しいばっかりの話があるかー! Σ(゚□゚;) って思いました。

なので調べてみたのですが、驚くことに副作用と呼ばれるものは『ない』んですよね。お腹が弱い方が飲み過ぎるとお腹が緩くなるということはあるようですが。
(※ 無農薬・有機栽培のものを選ぶとより安全です!)

それにしても凄い。こんなに良い効果ばっかり期待出来るルイボスティーが、一体何モノなのか? こちらもバッチリ調べてみましたよー。

スポンサーリンク

奇跡のお茶とも呼ばれる

ルイボスティーの原産地は南アフリカ。ミネラルがたっぷり含まれた土壌で栽培され、現地では「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」と呼ばれ、300年以上も前から愛飲されています。

なぜ奇跡のお茶、不老長寿のお茶などという大層な呼び名がつけられているかというと、ルイボスティーが生活の一部になっている南アフリカの部族の方々が、健康的でとても若々しいということ。

そして、ルイボスの低木は南アフリカのセダルバーグ山脈一帯でしか栽培出来ないという、とても貴重な植物だということです(他の土地での栽培も試みたようですが、成功例がないようです)。

ルイボスはマメ科で、大体1.5メートル程の(茂みのような)低木。ですが、根が凄いんです!なんと、約7倍の10メートル程も根が伸びているのだとか!

これはルイボスが栽培されるセダルバーグ山脈一帯が気温差が大きく、とても厳しい環境であることから、地中深くに根を伸ばし、ミネラルが豊富に含まれる水を吸い上げて葉に蓄えるためなのだそう。
そしてミネラルを豊富に蓄えた、針葉樹のような葉先を乾燥させ、《ルイボスティー》になるんです。

限られた土地、環境でしか栽培出来ないルイボスの木。
ミネラルたっぷりで強力な抗酸化作用があり、古くから健康茶として親しまれてきたルイボスティーは、まさに『奇跡』の名を冠するにふさわしいですね!

おすすめの飲み方は?

ルイボスティーにも効果的な飲み方というのがあります。

それは、ただティーパックを浸して抽出したルイボスティーよりも、しっかり煮出したルイボスティーの方が効果的だということ!

しっかり煮出すのがポイント!

最低10分以上、長くても30分以内くらいの時間で、しっかり煮出して下さい。10分以上煮出すことで、フラボノイド(抗酸化作用が強い物質)などが多く抽出されるためだそう。

アイスで飲みたい時は、ティーバックを浸しっぱなしにして冷まして下さいね。

何事も継続は力なりと言いますが、ルイボスティーも継続することが大切と言われています。一気にがぶがぶ飲むのとお腹がゆるくなってしまう可能性もありますから、1日に2~3杯ほどで様子を見て下さいね!

味に飽きちゃった!そんな時は・・・

ルイボスティーは好きですが、たまには甘いものが飲みたくなったりするんですよね。

そんな時は、ノンカフェインのルイボスティーでチャイなどいかがですか?? 結構簡単に、美味しく作れるんですよー^^

とっても簡単!ルイボスチャイの作り方♪

用意するもの

・濃い目に煮出したルイボスティー 適量
・牛乳 適量
・生姜のしぼり汁(生生姜がオススメ) 少量
・砂糖 適量
・シナモン 適量(なくてもよい)

適量ばっかりでスミマセン。量はお好みでどうぞ^^


  1. 濃く煮出したルイボスティーに、牛乳と生姜の絞り汁をいれます。
    生姜は出来れば生生姜をすりおろして、絞り汁のみ入れて下さい。
    チューブでも風味は出ますが、チューブの生姜を直接入れると(絞り汁が余り出ないため)最後に飲み干す時に微妙な食感が生まれます(汗)
  2. お好みの量の砂糖を入れ、甘みを調節して下さい。
  3. 最後にシナモンパウダーをふりかけ、良く混ぜたら完成です!

シナモンは好き嫌いが分かれると思いますが、出来れば入れた方が美味しいです。

私と私の夫はシナモンが苦手なのですが、このルイボスチャイに関しては、シナモンなし・シナモン入り両方飲んでシナモンが入りの方が美味しいと感じました(夫婦二人とも)。

味がまろやかになるというか、ルイボス・生姜・牛乳・砂糖の味を上手く調和してくれているというか。

シナモンがなくても大丈夫ですが、苦手でなければ是非シナモン入りで飲んで見て下さい♪ 寝る前にも飲めるのでオススメです♪

スポンサーリンク

後記

えー、思ってた以上に、ずいぶん長くなってしまいました^^;
最後までお付き合い下さり、ありがとうございます。

それにしてもルイボスティーの抗酸化作用は凄いデスネ!

特に紫外線が原因のしみ!紫外線をたくさん浴びると体内で活性酸素が発生し肌を攻撃→恐怖のシミになるのですが、SOD様酵素が活性酸素を除去してくれるので(このセリフ何回言ったかな?^^;)シミになりづらくなるのだとか!!!!

アレルギーや加齢臭にも効果が期待出来るということで、花粉症でアラフォーに差しかかった夫にも飲ませようっと。

でも、夫はお腹が弱いんですよね・・・。下痢ピーになったら可哀想なので、飲ませすぎには注意します(笑)

スポンサーリンク