紫陽花の学名は「Hydrangea」(ヒドランジアまたはハイドランジア)
ギリシア語で「水の器」を意味します。

しっとりと濡れる梅雨の季節の花・紫陽花にふさわしい素敵な学名ですよね。

特に日本は青系の紫陽花が多く、花びら(正確には萼《ガク》)の淡い紫や美しい藍の色は、ますます水のイメージにピッタリです!

スポンサーリンク

でも紫陽花には、青系だけではなく赤系の白い紫陽花もありますよね。

以前、娘が通っている幼稚園の駐車場で白い紫陽花を見た娘に「なんで白いの?」と聞かれ、答えられなかったんですよ・・・。なんか悔しい!

というわけ(?)で、次こそはドヤ顔で解説したいのでバッチリ調べてまとめてみました!

七変化とも呼ばれている理由は土にあった!?

青系の紫陽花のイメージ 紫陽花には赤系、青系、紫系などの色がありますが、この色のベースになるのは「アントシアニン」という色素。このアントシアニンは植物界に多く存在する色素なんです。

アントシアニンを青や赤に変えるのは、補助色素と土壌のアルミニウムだと言われています。アルミニウムが紫陽花の根に吸収され、アントシアニンと結合するかどうかで、色が決まることが多いのだそう。

アルミニウムがアントシアニンと結合すると青系の色になりやすい

アルミニウムを吸収しないと赤系の色に色づきやすい

(※ 補助色素の関係で青になりづらい、または青にならない品種もあるようです)

アルミニウムが紫陽花の根に吸収されるかどうかは、土壌のPH値が関係してきます。アルミニウムは酸性の環境で溶け出し、吸収されやすくなります。

ph値って?

水溶液の中の水素イオン濃度により、「酸性」「アルカリ性」「中性」の度合い(強さ)を14段階の数字で表したもの。

中間の7を中性とし、0に近いほど強い酸性、14に近いほど強いアルカリ性を示します。

日本は比較的雨が多い国ですよね(平均年間降水量は、世界平均の約2倍という説も!)。雨水には大気中のCO2《二酸化炭素》が溶け込んでいるので、日本の土壌の多くは弱酸性《ph値5前後》を示すのだそうです。

日本で青系の紫陽花が多く見られるのは、そういった事情もあるのですね。

アルカリ性の土壌では・・・

赤・ピンク系のあじさいの画像紫陽花の花言葉のページでご紹介したフランスなどでは、アルカリ性の土壌が多いです。

アルカリ性の土壌ではアルミニウムが溶け出しにくく紫陽花の根がアルミニウムを吸収出来ないので、赤系(ピンクなど)の紫陽花が主流なのだそう。

スポンサーリンク

色が変わる理由は外にも!

1株の紫陽花で、青や赤など色が違う花が咲く場合もあります。

これはそれぞれの花の根が吸収するアルミニウムの濃度によるもの。
伸びた根が、アルミニウムを吸収しやすい場所にあると青系に、根がアルミニウムを吸収しにくい所に伸びてしまうと、赤系の色になります。

また、青い紫陽花は、日が経つにつれ赤紫のような褪せた色に変化していくのですが、これは「花の老化現象」によるものです。

植物には人間のような循環器官がないので、日が経つにつれ酸が溜まり続け、花の色が変わってしまうのです。これは土壌には関係なく起こる変化だと言われています。

とっても綺麗な白い紫陽花は・・・

美しい白のあじさい 白い紫陽花は、紫陽花の色を変える色素であるアントシアニンを持っていないのだそうです。

アントシアニンがないので、土壌に関係なく白くなると言われています。

スポンサーリンク

あとがき

娘にドヤ顔で説明するぜ!とウキウキしながら調べていましたが、ちょっとこれ、5歳児が理解できるような説明を考えるのが難しすぎますね・・・ ∑( ̄□ ̄;

どどどどうしよう・・・。
いや、考えます。考えますとも。

・・・
・・・
・・・

ごまかそうかな ←ォィ!

スポンサーリンク