父の日にバラを贈る由来!どうして黄色いバラなの?調べてみた!

父の日にも花を贈るの!?

と思っている、管理人のあいねです(´・ω・)

母の日にお花を贈るのはわかりますが、お父さんにバラ。しかも、日本で主流なのは黄色いバラです。
なんでだろう(´-ω-`)

なんて思いながら調べていると、きちんと由来があったんですね。

というわけで今回は、

父の日にバラを贈るようになった由来

どうして黄色いバラを贈るのか?

この2点について、調べてまとめてみました!

スポンサーリンク

父の日にバラを贈るようになった由来

父の日の提唱者が亡き父の墓前に白いバラをお供えした父の日の祝典があったのは、今からなんと100年以上も前のこと。

『母の日』が広がりはじめて間もなくの頃で、きっかけはアメリカ人女性のドット夫人です。

彼女が亡き父の墓前に、白いバラの花を供えたことが、父の日にバラの花を贈るようになった始まりだと言われています。

    父の日制定の起源はドット夫人の父への想い

    ドット夫人の父は、男手一つで子供6人を育て上げたドット夫人の父は、男手一つで6人の子供を成人まで育て上げた人でした。
    その後、残念ながらドット夫人のお父さんは亡くなってしまうのですが、ドット夫人さんはお父さんを深く敬愛していたのですね。

    当時すでに始まっていた母の日の影響もあり、ドット夫人は、父にも感謝する日があるべきと考えました。

    そこでドット夫人は協会の牧師さんにお願いして、父の誕生月(6月)に父への感謝の礼拝を行ったんです。

    ドット夫人は、父の墓前に白いバラを供えました。

ドット夫人が牧師協会にお願いして行った礼拝がきっかけで、父の日が広まっていったと言われています。

1909年には最初の父の日の祝典がありました。

当時祝典に出席したキリスト教青年会の青年たちは、

● 父が健在だと赤いバラ
● 父がすでに亡くなっていると白いバラ

を身に着けていたと言われています。

あれ…黄色いバラじゃないの?(。´・ω・)?

と思ったのは私です…。

実は黄色いバラを贈るというのは、父の日の風習が日本に伝わったあと、日本のあるキャンペーンがきっかけで広まったようなんです。

スポンサーリンク

日本で父の日に黄色いバラを贈るようになった由来

父の日イエローリボンキャンペーン』というのを聞いたことはありませんか?

ベストファーザー賞の発表や授賞式を開催しているファーザーズデイ委員会が開催しているキャンペーンです。

イエローリボンキャンペーンとは、その名の通り黄色いリボンを添えてお父さんに贈り物をしよう、というもの。

父の日に黄色いリボンを添えて贈り物しようというキャペーン私などは、お父さんのイメージカラーというと青や緑を思い浮かべてしまので、なんで黄色?(。´・ω・)と思っていました。

ですが、実は黄色は世界的にもとても大切にされている色だったんです。
(日本でいうと黄色は、お金っぽいイメージがありますが(; ・`д・´))

    黄色が持つ意味

    古くから、イギリスで身を守るための色と言われていたのが黄色です。

    やがてこの考え方が、アメリカに伝わりました。

    アメリカではたびたび戦争があり、戦場へ出向く者たちの無事を祈るシンボルとして、黄色いリボンが誕生したと言われています。

黄色は、幸せの象徴であり、命を守る大切な色なんですね。

ここから父の日のシンボルカラーを黄色として、バラも黄色いバラがいいよね!となったと言われています。

日々、身を粉にして働き、家族を守ってくれているお父さん。
身体を大切にして欲しいと願う気持ちが『黄色』に込められているのですね。

(なんで黄色いバラなのとか言ってた自分…(´・ω・))

今年は子供たちからのお父さんへのプレゼントには、こっそり黄色いリボンを添えてみようかと思います。
夫は、黄色いリボンの意味なんか知らないでしょうけどねー( ´艸`)

スポンサーリンク

後記

    まとめ

    父の日にバラを贈るようになった由来は…
    父の日の提唱者であるドット夫人が、父の墓前に白いバラをお供えした事から始まったと言われている

    日本での父の日のバラの主流が黄色になった理由は…
    幸せ・命を守る象徴の黄色を用いた『父の日イエローリボンキャンペーン』が広まったから

黄色いバラには愛情と無事を願う心が込められているのですね。

そうは言っても華麗なバラ。お父さんのイメージには似合わないな…と思う方もいるはず!(私だけ?(。´・ω・)?)

そんな方は…
ヒマワリなどはいかがでしょう?

他にもガーベラなども人気のようなので、ぜひお父さんに似合う黄色の花を見つけてみて下さいね~(^^♪

スポンサーリンク

イイネ!と思ったらシェアして頂けるとめっちゃ喜びます(*'∀'人)♥*+
サブコンテンツ

このページの先頭へ