2018年の父の日はいつ?由来を子供向けに説明するなら!

4月も半ばを過ぎると、デパートやスーパーなどが赤いカーネーションで彩られ、ギフト商戦が始まる『母の日』に比べると、やや控えめな印象の 父の日

うっかり、

父の日過ぎちゃってた!!!(; ・`д・´)

なんてこと、意外と多いんですよね…。

というか、そもそも父の日がいつなのか、曖昧な記憶のままの方も多いようで。
(私もその一人です…(´-ω-`)…)

毎年日にちが変わるっていうのも、なかなか覚えられない理由の一つかもしれません。

というわけで今回は、2018父の日はいつなのか父の日の由来なども併せてご紹介しますね!

スポンサーリンク

2018年の父の日はいつ?

父の日は毎年6月の第3日曜日日本では父の日は、毎年6月の第3日曜日、と定められています。

2018年の父の日は…

6月17日になります(^^♪

6月の第3日曜日というのは、1966年に当時のアメリカ合衆国大統領が定めたのだとか。

現在では世界各地に広まっている父の日ですが、日本をはじめ『6月の第3日曜日を父の日にしている国は多いようです。

ちなみに、日本に父の日が伝わってきたのは、1950年頃と言われています。
イベントとして一般的に広まったのは1980年代だとも。

思っていたよりも古い!(; ・`д・´)

父の日自体、イベントとしてはちょっと控えめなので、そんなに前からあるということに正直ビックリしたのですが、実は父の日の発祥はもっともっと古く…

なんと、今から100年以上も前の1909年にアメリカのワシントン州で始まっていたのです!

では父の日の由来をご紹介しますね!
(なるべくわかりやすいようにまとめましたので、ぜひご覧下さい(^^♪)

スポンサーリンク

父の日の由来!

今から100年以上前の1909年、アメリカ・ワシントン州。
父の日を提唱したのは、ソノラ・スマート・ドッドさんという、アメリカ人の女性でした。

彼女の『亡き父への想い』が父の日のきっかけだったのです。

    父の日を提唱したソノラさんの父

    ソノラさんの父は、ソノラさんが幼い頃、母と6人の子供を置いて、南北戦争(1861~1865年)に招集されてしまいます。

    今よりも貧しい時代、また、戦時中という特殊な状況下で、6人の子供を守り育てた母。過労がたたって、父が戦争から帰って来て間もなく、母は亡くなってしまいます。

    その後、ソノラさんの父は男手一つで6人の子供を育てますが、6人全員が成人した後、亡くなってしまったのだそうです。

1908年5月、アメリカでは最初の『母の日』のお祝いがありました。
(記念日として制定されたのは1914年)

協会で母の日の説教を聞いていたソノラ・スマート・ドッドさんは、心から尊敬し、愛する父のためにも、『父に感謝する日を』!と思い立ちます。

そこで協会の牧師さんにお願いして、父の誕生月であった6月に、父への感謝の礼拝を行います。

これが、父の日をお祝いするようになったきっかけであり、『父の日』の起源であると言われています。

父の日の由来を子供向けに説明するなら!

父の日の由来の、子供向けの説明を考えてみました(*ノωノ)
幼児向けと小学生向けに分けてご紹介しますね!

    幼稚園児、保育園児向けに説明するなら

    父の日に似顔絵をプレゼントする女の子『昔、●●ちゃん(お子さんの名前)のように、お父さんにとても大切に育ててもらった子供がいてね。

    その子が大人になった時、母の日はあったけど、父の日はまだなかったんだって。

    お父さんが大好きだったその子は、お父さんにも『ありがとうって伝えたい!』って思って、お父さんが生まれた6月に、父の日を作ったんだって。

    そうしたら他のみんなも『それはいいね!』って父の日にありがとうを言うようになって、どんどん広がって、今の父の日になったんだよ(^^♪』

    小学生向け

    昔、アメリカに、一人で子供を6人育てたお父さんがいたんだよ。
    男一人で大変だったけど、子供をとっても大切にしていたんだって。

    このお父さんの子供が大人になった時、母の日はあったけど、父の日はまだなかったの。だから『お父さんにも感謝の気持ちを伝えたい!』って思って、お父さんが生まれた6月に、父の日を作っちゃったんだって!

    そうしたら皆も『それはいいね!』って父の日にありがとうを言うようになって、それが世界中に広がっていったんだって。

    日本に伝わってきたのは、今から60年以上も前だって言われているんだよ。

お子さんへの説明に使えそうならぜひ、文章を付け足したり減らしたりして、使ってみてください(^^♪

スポンサーリンク

後記

    まとめ
    2018年の父の日は、6月17日(日)

    父の日発祥の地はアメリカ。
    今から100年以上も前に、ソノラ・スマート・ドッドさんの亡き父(男手一つで6人の子供を育て上げた)への想いから始まった。

当時『母の日』が広まりつつあったので、6人の子供を男手一つで育て上げた父を敬愛していたソノラさんは、『父へ感謝する日があっても良いはず!』と思ったのですね。

男手一つで大変だっただろうけど、子供たちをとても愛していたんだろうな、というのが伝わるステキな由来でしたね(*ノωノ)

普段は気恥ずかしくて、という方はぜひ、今年の父の日に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか(^^♪

スポンサーリンク

イイネ!と思ったらシェアして頂けるとめっちゃ喜びます(*'∀'人)♥*+
サブコンテンツ

このページの先頭へ