【閣議決定】成人年齢18歳でどう変わる?お酒も飲めちゃうの!?

こんにちは!ブログ管理人のあいねです。

成人式を経験する年齢はとっくの昔に過ぎたのに、精神年齢がまだそこまで追いついていない現実に、日々ショックを受けています…(´-ω-`)
(子育てしながら、自分育ての真っ最中であります)

そんな中、新聞の1面にあった『18歳成人 閣議決定』という見出しに食いついてしましました。

18歳成人になったら、今とどう変わるの!?

スポンサーリンク

『18歳成人』が国会で承認され法律で制定されたら、今後、私の二人の娘にも関わってくることなので、今回は、

  • 成人年齢が18歳になったらどう変わるのか?
  • まさかお酒も飲んでオッケーになってしまうのか!?

などなど、気になったことについて調べてみました!
なるべくわかりやすくまとめたので、どうぞご覧ください!

成人年齢が18歳になるとどう変わるの?

ここからは、変更点をざっと挙げていきますね!

    成人年齢が18歳になったら…

    18歳成人になったら重要な契約も一人で結べるようになる● 18歳、19歳でも親の同意なしにクレジットカード契約をしたり、ローンを組める

    ● 成人式が18歳に

    ● 女性の結婚できる年齢を現行の16歳 → 18歳にして男女統一
    (結婚の年齢に関する規定が変更されるのは、約70年ぶりなのだとか!)

    ● 未成年では5年のパスポート → 10年間有効のパスポートを18歳で取得可能

    ● 民生委員や人権擁護委員にも、18歳でなれる

    ● 20歳未満で日本と外国の二つの国籍を持っている人は、22歳までにどちらかの国籍を選ぶことになっていますが、その年齢が2歳引き下がる

    ● 性同一性障害の方の性別変更を請求できる年齢が18歳になる

などなど。
(※これがすべてではありません)

養子の親になれるのは20歳等、現行のまま維持されるものもあります。

こうやって並べてみて一番衝撃を受けたのは、クレジットカード契約・ローン契約のこと。

これって、18歳までに『自分の身を自分で守れる金銭感覚』を身につけておかないと危ないってことですよね。
お金の怖さ、どうやって教えよう…(; ・`д・´))

成人直後の人たちを狙う悪質な商法が横行するだろうという予測の元、消費者契約法の改正も進めていくという考えもあるそうです。

    どうなる?成人式!

    18歳での成人式…成人年齢を18歳に引き下げた場合の影響について、成人式関係の業界がざわついているのだとか!

    よく考えたら18歳って…大学受験の真っただ中じゃない!?(; ・`д・´)

    現行の1月のままだと受験の関係で欠席者多数出る恐れがあるとか、時期ずらす(夏とか)?とか、色々考えることありそうですよね…。

    夏に振袖バッチリメイクバッチリで炎天下を歩くとか、どんな苦行?という感じだし、秋~冬にかけては受験勉強追い込みシーズン。
    試験も全部終わってから…というのがいいのか???

    18歳成人になったら、成人式はどこを落としどころとするのか、個人的にめっちゃ気になります…(-_-;)

スポンサーリンク

お酒やタバコ、ギャンブルも18歳からOKなの?

成人年齢が18歳になった場合、一番気になるのは実は、ここじゃないですか???
(私だけ?(。´・ω・)?)

お酒やタバコ、公営ギャンブル(競馬など)も18歳からOKになるのか!?

それはズバリ!

20歳未満禁止』の現状維持!

18歳成人になっても酒、たばこ、ギャンブルは20歳未満禁止を維持!ε-(´∀`*)ホッ

これはやっぱり、健康被害や依存症などが懸念されるから、ということでした。

なので成人年齢が18歳になったら、

● 「未成年者」飲酒禁止法 → 「20歳未満の者」飲酒禁止法
● 「未成年者」喫煙禁止法 → 「20歳未満の者」喫煙禁止法

などと、名称が変更されるようです。

お酒やたばこは余りにも生活に密接していますから(スーパー、コンビニなどにありふれているという意味で)、子供を持つ親としては、ちょっと安心…でしょうか (๑´ㅂ`๑)

子供と一緒にお酒が飲める日を心待ちにしている自分もいますけどねー!(^^♪

 世界では成人年齢18歳が主流になっていた!? 

なんで今、成人年齢を18歳にするのかな?と思っていたら…

世界では、成人年齢が18歳というのが主流になっているのだそうです!!!!(; ・`д・´)

お酒は20歳(オトナ)になってから♪という感覚が染みついている私は、海外の成人年齢をほとんど気にしていなかったので衝撃でした。

例えば…

    成人年齢が18歳の世界の国々

    ● アイルランド
    ● アメリカ合衆国(州によるが18歳としているのは37州)
    ● イギリス
    ● イタリア
    ● イラン
    ● オーストラリア
    ● ギリシャ
    ● キューバ
    ● スイス
    ● スペイン
    ● ドイツ
    ● 中国
    ● フランス
    ● ノルウェー
    ● スウェーデン

    法務省『諸外国における成年年齢等の調査結果』より一部抜粋

ざっと挙げただけでも、主要な国が多いー!(; ・`д・´)

これは徴兵年齢の関係だったり、学生運動が盛んで、その対策のため投票権を18歳に→成人年齢を18歳に、という過程を経て成人年齢が引き下げられたのだとか。

日本もまず投票権が18歳に引き下げられて、これから成人年齢18歳を目指すいうことだけども…

日本に徴兵制度はないし、完全に政府が主導だよね(´-ω-`)

(ただ、18~19歳で就労しているのに『未成年』というのは…違和感あるかも?)

スポンサーリンク

後記

    まとめ

    ● 成人年齢が18歳になったら
    クレジットカードやローン契約が一人で出来る
    結婚出来る年齢が18歳で男女統一
    成人式も18歳
    10年有効のパスポートが18歳で取得可能に

    ● お酒、タバコ、公営ギャンブルは今まで通り20歳を維持

    世界では成人年齢18歳が主流になっていた…(; ・`д・´)

成人年齢が引き下げられることでメリット・デメリット両方あると思うのですが、個人的に一番気になるのは、やはりクレジットカード契約・ローン契約が18歳で出来るようになってしまう、ということですね。

お金の怖さを知らないとお金に振り回されてしまいますから、それがすごく心配。
上手く教えてあげられるかなぁ。

娘たちが高校生になったら、闇金ウシ●マくんでも読ませようかな…(´・ω・|||)

スポンサーリンク

イイネ!と思ったらシェアして頂けるとめっちゃ喜びます(*'∀'人)♥*+
サブコンテンツ

このページの先頭へ