【年末年始休み2017-2018年】期間は?業種別に調べてみた!

こんにちは!
ブログ管理人のあいねです(๑´ㅂ`๑)

シルバーウィーク(とは、もはや言えないタダの連休!)が終わったら、次は年末年始のお休み!お正月休み!

この時期の旅行などはすっごく混み合う上に宿泊費も高いので、旅行の予定を立てるなら少しでも早めにチェックして、お得に出発したいですよね!

スポンサーリンク

というわけで今回は、20172018年末年始休み期間いつからいつまでなのか調べてみることにしました!

公務員さんの場合と、民間企業にお勤めの方の場合に分けて、業種にご紹介しますね!

公務員の年末年始休み

公務員の年末年始のお休みって、法律で決まっているのはご存知でしたか?

行政機関の休日に関する法律っていうのがあって、この中に定められているんです。

カレンダーにまとめてみると、こんな感じ!

2017-2108年年末年始の公務員のお休みは6連休!

    公務員の年末年始のお休みは6連休!

  • 12月29日(金)
  • 12月30日(
  • 12月31日()元日 ╰(*´︶`*)╯♪
  • 1月1日(
  • 1月2日(火)
  • 1月3日(水)

今回は土・日が含まれてしまっているので、6連休ですね。

● 12月28日(木)が仕事納め

● 1月4日(木)が仕事始め

になりますね!

ちなみに公務員さんの場合、12月29日が日曜または月曜だと、土日が絡みまくりで超大型連休になる可能性があるんですねー。
例えば…

12月29日が日曜日の場合

28日(土)、29日(日)、30日(月)、31日(火)、1月1日(水)、2日(木)、3日(金)、4日(土)、5日(日)

12月29日が月曜日の場合

27日(土)、28日(日)、29日(月)、30日(火)、31日(水)、1月1日(木)、2日(金)、3日(土)、4日(日)

※ 赤文字は基本の年末年始休み

どちらにしても9連休!!!
年末年始休みが固定だからこその、大型連休ですね…

カレンダーを調べてみると、2年後の2019―2020年の年末年始休みが、まさに12月29日が日曜日のパターンになってました!

2年後、9連休です。うらやましいっ( ✧Д✧)

スポンサーリンク

民間企業の年末年始休み

公務員のように休日が定められていない民間企業の場合は、その会社(業種)によるところが一番大きいようです。
(公務員の年末年始休みを基準にして設定している企業も多いです)

また、土日をどう絡めたら良いのか?気になるポイントですね!

ざっと挙げさせて頂くと、

一般企業

製造業(自動車関連など)

サービス業

医療・福祉関連

銀行郵便局ゆうちょ銀行含む

市役所や県庁などの行政機関は公務員と同じなので割愛させていただきますね。
ではそれぞれを見てみましょう!

    一般の企業

    一般企業の方の年末年始休みは、ズバリ!

    ● 12月30日~1月3日の5連休

    または、公務員と同じで、

    ● 12月29日~1月3日までの6連休

    カレンダーを見ると30日が土曜日なので、金曜日が定休日じゃなければ、この日を年末年始休みとしている企業も。
    (夫が以前勤めていた会社は、例年12月30日~1月3日でした)

    ただ、基本的には役所に倣って年末年始休みを設定している企業も多いので、6連休が最有力でしょうか。

    今年は土日が年末に丸かぶりなので、なんだか損した気分ですよね…(๑•́ ₃ •̀๑)

    ですが、1月4日も(木)、5日(金)を有休を使ってお休みに出来たら、その後に控える、

    6日(土)
    7日(日)
    8日(月・成人の日)

    に繋げられるので、最大11連休という、超大型連休に早変わりしちゃいます!

    11連休もあったら一番混む日を避けてお出掛け出来るし、休暇を気持ち良く過ごせますよねー!

    ちなみに福利厚生に力を入れている大きな企業などでは、一般の企業よりも長い年末年始休みをもらえることが多いようです。

    他の職種が休みになる(12月29日前後の)前週の、12月23日頃から年末年始休みになるのだとか!

    仕事始めは1月4日頃が多いようなので、12月23日~1月3日まで、ドーンと12連休!!

    すごすぎるっ( ✧Д✧)

    製造業(自動車関連など)

    トヨタ自動車さんのカレンダーを見ると、年末年始休みはこのようになっていました。

    トヨタ自動車さんのカレンダーでは、年末年始休みは10連休!

    こちらもドーンと10連休!!!!

    混雑のピークを過ぎた4日、5日がお休みというのが良いですね。

    年末年始はゆっくり帰省、あるいは自宅で過ごし、比較的空いてる4日くらいから旅行だって出来ちゃいますものね!

    トヨタ自動車さんと同じような長期休暇が得られる製造業がある一方で、ネットの意見を見ていると、一般企業と同じ5連休や6連休のところや、休みがほとんどない!という企業もあるようです。

    休み日数において、ピンからキリまで一番幅が大きい業界かもしれません。

    飲食店や小売店などのサービス業

    飲食店は年末年始がかきいれ時の業界!飲食店はみんなが休んでいる時こそかき入れ時!!の業界です。

    特に年中無休のチェーン店や大型店舗にお勤めの方(主婦を除く)は、年末年始のお休みはほぼゼロでしょう…。忙しい時期を過ぎてから、シフト制で冬休みをとるお店もあります。

    私が学生の頃にバイトしていたお蕎麦屋さんは、12月31日が超絶忙しくて、1日・2日はお休み、3日から通常営業でした。個人店だからこそ出来るお休みかも…。

    また、デパートやショッピングモールなどの大型施設にお勤めの方も、元日は初売り・福袋商戦などでフル回転

    年末年始のお休みは、やはりシフト制で交代に休むことが多いようです。

    医療・福祉

    医療・福祉系は入院施設があると長期休暇は望めない命を預かる医療・福祉の現場では、入院施設があるかどうかというのも年末年始休みに大きく関わって来ます。

    入院施設がある場合、年末年始でも利用者の方がいらっしゃるので長期休暇はありません。スタッフ間で交代で冬休み(2~3日が多い)をとるくらい。

    ただ、子供がいるパート主婦だと優先的にお休みを取らせてくれることが多いようです。
    (友人の夫は医療機関に勤めているので、単発の休みしかないと言ってました)

    入院施設がない個人病院の場合は、大体お休みが設定されていますね。内科などがメインでしたら、その地域地域で当番制で開院されています。

    皮膚科や整形外科など、直接命に関わらない科の場合、定休日をうまく使って1週間くらいのお休みになるようです。

    在宅で看護・介護サービスを利用されている方も多いので、訪問のお仕事をされている方は、まとまったお休みをもらうのは難しいですね。やはり交代でのお休みになりそうです。

    銀行・郵便局(ゆうちょ銀行)

    銀行は、実は銀行法という法律によって、年末年始のお休みが決められているんです。(知らなかった!Σ(゚□゚*))

    色々気になる年末年始のお休みはこんな感じ。

    銀行・郵便局の年末年始休みはこんな感じ

    平日の窓口業務はさっさと終わっちゃう銀行・郵便局が多いので、チョット意外でした。正直、公務員と同じで6連休くらいかと思っていました。

    でも6日も銀行・郵便局の業務がストップしてたら、色んなところに支障が出ちゃうのかもしれませんね。

    近年は年末年始でも稼働しているATMが増えて来て、ありがたいことですよね。

    どのATMがどういうスケジュールで稼働しているかは、年末に近づくとATMの設置場所に張り出されると思うので、普段お使いの、最寄りのATM設置場所をチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

後記

    まとめ

    ● 公務員の年末年始休み
    法律により12月29日~1月3日までと決められてる

    ● 一般企業の年末年始休み
    公務員の年末年始休暇に準ずる企業が多い
    業種によっては大型連休になったり、長期休暇がなく交代で冬休みをとる形になっている

夫と出会って早15年。
今年初めてゆっくりとした正月休みをもらえる可能性があるということで、ちょっと浮かれている管理人なのでした。

(今までは休みのはずなのに手当が出るからって出勤したり、そもそも休みがなかったりで、正月はロクに休めず…)

旅行にでも行きたいなーと思うところですが、夫は渋滞や混雑が大嫌いなので、結局寝正月しちゃうのかも…(๑•́ ₃ •̀๑)

スポンサーリンク

イイネ!と思ったらシェアして頂けるとめっちゃ喜びます(*'∀'人)♥*+
こちらの記事も良く読まれています
サブコンテンツ

このページの先頭へ