虫歯になりにくいおやつって?子供に人気のアイス・プリンは危険?

 
 
虫歯 とは、なんてイヤな響きでしょうか・・・


でも子供たちは(大人も! っていうか私も!)お菓子が大好き。
たとえ虫歯になったとしても、お菓子をキッパリスッパリやめる!というのは難しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


飲食をすると、口の中が酸性になります。
その状態で虫歯菌が糖分と出会い、長い時間一緒にいると虫歯が出来やすくなります。



ということは、虫歯になりにくいおやつとは・・・・・・
糖分が少なく口の中に残る時間が短いおやつ!!



では一番虫歯になりにくいおやつは何なのか?
虫歯になりやすいおやつも紹介しちゃいます。


※番外編では、美味しいのに虫歯予防も出来るおやつを紹介してます♪


虫歯に要注意! 危険度:★★★★★ のおやつはコレ!



キャンディのイメージ

アメ・ガム・キャラメル・グミ
乳酸飲料(ヨーグルトドリンク)など



これらのおやつは糖分がとても高いことが知られていますよね。
特に長い時間甘い味を楽しめるアメや、歯にくっつきやすいキャラメルは、子供も大好きだけど虫歯菌の大好物でもあります。

ちょっと意外だったのは乳酸飲料・・・・・・
ジュース類は確かに糖分が高いですが、その中でも乳酸飲料は歯のエナメル質を溶かしてしまう「酸」が入っているんです!

つまり乳酸飲料が勝手に口の中を酸性にしてくれるということ。
そこに虫歯菌がせっせと酸を吐き出していったら、歯に穴が開く危険性大!です。

特に、既に虫歯になっている子供には、乳酸飲料は大敵なようです。





2015年3月追記・・・


果物(主にバナナ)+プレーンのヨーグルトが大好物になり、ここ2カ月ほど良く食べていた下の娘(現在2歳10カ月)の奥歯が虫歯になりました・・・。

検診に行ったところ、かかりつけの歯医者さんに「乳製品たくさん食べた?」と言われたので、糖分の高い果物+酸性の性質を持つヨーグルトの影響は、かなり大きかったと思われます。




虫歯注意! 危険度:★★★★☆ のおやつ!

 
チョコレートの画像

チョコレート・ドーナツ・クッキー
和菓子(お団子等も)


 
これらのおやつも糖分が多く口の中に残りやすいので、時間をかけて食べていると虫歯菌は大喜び。特にクッキーやドーナツは歯の間に挟まりやすいですし、モチモチしている和菓子も歯にくっつきやすいので要注意です。

食べた後はうがいや歯磨き、殺菌成分の含まれる緑茶などをコップ1杯飲む事で、虫歯になるリスクを減らせます。




油断大敵! 危険度:★★★☆☆ のおやつ!

 
虫歯危険度★★★☆☆ のおやつ ケーキのイメージ


ケーキ・シュークリーム・ドライフルーツ
マカロンなどの焼き菓子




クリームがメインのケーキや果物が多いケーキ、サクサクとした歯ごたえの焼き菓子は、さらりと飲み込める(糖分が長く口の中に残らない)ので、案外危険度は低めです。

マカロンなどが歯にくっつくな~と感じたら、食べたあとにコップ1杯のお茶やお水を飲み口の中をさっぱりさせると、虫歯のリスクはもっと低くなります。
 

スポンサーリンク



意外と虫歯になりにくい! 危険度:★★☆☆☆の嬉しいおやつ

 

虫歯危険度★★☆☆☆ プリンのイメージ

プリン・ゼリー・バニラアイスなど




口に入れてすぐになくなってしまうこれらのおやつは、うがい程度でも口内の糖分が減るので、虫歯の危険度は低めです。食べてすぐにうがいやコップ1杯のお水を飲んで糖分を流せば、より効果的!

アイスに関しては、チョコチップやクッキーが入っていたりすると危険度はグンとあがります。チョコやクッキーの糖分が口の中で長く留まるので、注意が必要です。




虫歯になりにくい! 危険度:★☆☆☆☆の素敵なおやつ


虫歯危険度が低いおやつ おせんべいのイメージ

おせんべい・クラッカー・スナック菓子



甘みが少なくてサクサクとすぐに砕け、簡単に飲み込めるこれらのおやつは虫歯のリスクがかなり低いおやつです。
(クラッカーなどは歯にくっつきやすいので、その点だけ要注意です。また、塩分や油分が多いものもあるので、食べ過ぎには注意が必要)

 
中でも、硬くて歯ごたえのあるおせんべいは、よく噛むことで唾液(殺菌成分があります)の分泌を促し顎の成長を助けるステキなおやつ。なるべくおせんべいを食べて欲しいですよね^^;


洋菓子好きな子供(ウチの娘たちも・・・)は、親の心子知らずでハッキリと嫌そうな顔をするので、その子が好きなものと組み合わせると食べてくれるかも。
我が家の場合は海苔が大好物なので、海苔せんべいを出すと大喜びで食べてくれます♪




番外編!美味しくて虫歯予防も出来る夢のようなおやつ



それは・・・・・・
砂糖を使わず、甘味料としてキシリトールを100%使っているものです。

 
例えば
  • キシリトールガム(トクホ・特定保健用食品)
  • キシリトール100%のタブレット
  • 歯医者さんが作ったキシリトール100%のチョコレート
  • キシリトール100%のグミ
  • などがあります。(ちょっとだけ値段がお高いです・・・)

    これらは食後の虫歯予防にもオススメです^^


      なぜキシリトールが虫歯予防に役に立つの?


      口の中が酸性になることで酸が歯を溶かし穴があく(虫歯になる)のですが、キシリトールは口の中が酸性になるのを防いでくれるんです。
      その上、虫歯菌のエサにならないので虫歯菌が酸を吐き出さないといわれています。


    キシリトールの甘みで唾液もたくさん出て、歯の再石灰化(歯の修復)を助ける効果もあるのですね。
    ただ、残念ながらキシリトールは万能ではないので、うがいや歯磨きと上手く併用して、キシリトールの効果を最大限に利用したいですね^^

    スポンサーリンク

    後記

      まとめ

      虫歯になりにくいおやつ1位はおせんべい、クラッカー、スナック菓子

      虫歯になりにくいおやつ2位はプリン・ゼリー・バニラアイスなど
      (※ 虫歯にならないというわけではありません)

      乳酸飲料やヨーグルトはかなり虫歯になりやすい!



    虫歯になりにくいおやつ、いかがでしたか^^
     
     
    個人的にはアイスやプリンは危険度が低めなことに喜んでいます。
    どっちもデザート感たっぷりで、子供も大好きですよね!
     
     
    特にアイスは毎日でも食べたがる人気のおやつなのでホッとしました。暑い季節では食べる機会も多いですし。 


    虫歯っ子の娘を持つ母(私)としては、キシリトールがもっともっとポピュラーになって、色んなおやつがキシリトール100%になれば良いなあとコッソリ願っております (*´・人・`)

    スポンサーリンク

  • イイネ!と思ったらシェアして頂けるとめっちゃ喜びます(*'∀'人)♥*+
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ