医薬部外品と化粧品!どんな違いがあるの?調べてみた!

皮膚炎を患ったことにより、若干痛々しいお肌の状態が続いている管理人あいねです。

最近サンプルで試したスキンケア用品がとっても良かったので、現品購入に至ったのですが、これが『医薬部外品』だったんです。

(皮膚の善玉菌を応援するという、とても面白いコンセプトで作られているんです♪
こんなカンジです ⇒ ヒューマンフローラの整菌スキンケア

でも医薬部外品って・・・一体ナニモノ?

スポンサーリンク

んんん??

お薬(医薬品)とは違うみたい。でも化粧品でもない・・・
どうやら医薬品と化粧品の中間に位置する模様。

簡単に言うと、

医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品

こんな感じなわけです。(それぞれの間にある『>』にも意味があります!)

今回は医薬部外品と化粧品違いについて、調べてまとめてみました!

医薬部外品とは・・・?

医薬品というのは、誰もが知っているいわゆる『お薬
法律によって効果・効能が認められている、治療のために使われるものです。これは皆さんご存知ですよね。

医薬部外品は厚生労働省に認可された成分を一定量配合している医薬部外品とは、

厚生労働省によって認められた有効成分により、症状の改善や予防効果が期待できるもの

医薬品よりも人の体への作用が穏やかなもの

医療機器ではないもの

ポイントは厚生労働省に許可された有効成分が一定量配合されていること(規制アリ)と、予防をメインにしていること。

ニキビ予防・シミそばかすを防ぐ・・・といった文言がついた『薬用化粧品』というのも医薬部外品に該当し、有効成分:●●というように記載出来ます。
(通常の化粧品は効果効能を書くことは出来ません【薬機法(旧薬事法)により定められています】)

確かに、私が買った医薬部外品、『有効成分』『その他の成分』で分けて表示してありました!

自分の症状にどんな成分が効果があるのか、一目でわかるのは良いですね。

ですが医薬部外品で注意したいのが、この成分表示。医薬部外品(薬用化粧品)には、全成分表示が義務付けられていないんです。

更に言うと、成分の表示も順不同でOK。
化粧品のように、必ず成分の多い順に並んでいるというわけではないんですね。

厚生労働省に認められ、一定の効果を謳うことが出来る医薬部外品ですが、

● 全成分の表示義務がない

● 成分の表示が順不同で良い

という部分で、敢えて医薬部外品(薬用化粧品)を選ばない、という選択をしている方もいらっしゃるのだとか。

ちなみに、

    ・パーマ剤
    ・ヘアカラー剤
    ・入浴剤(一部)
    ・薬用の歯磨き粉
    ・ビタミン剤

なども、医薬部外品に該当します。

スポンサーリンク

化粧品とは・・・?

化粧品は2001年に規制が緩和され、キチンと全成分を表示することで、厚生労働省などの許可がなくても製造・販売することが可能になりました。
(もちろん使ってはいけない成分などはあります)

化粧品は皮膚を清潔にするなど、人体への作用が穏やかなもの化粧品は、認可・許可が必要ない分、医薬品や医薬部外品に比べると、

● 清潔
● 美化
● 健やかに保つ

など、人の体への作用が、より緩やかなものになります。

『にきび予防』や『皮膚の殺菌』などの効果効能は認められていないので、パッケージにそのような効果を書くことは出来ません。

化粧品の良いところは、前述しましたが『全成分の表示が義務づけられている』こと。そして、成分が多い順に記載されていること(※含有率が1%未満のものについては順不同)です。

これはお肌が弱い方やアレルギーがある方にとっては、かなり重要な情報です。

化粧品に配合される界面活性剤や防腐剤にかぶれてしまう方もいるので(私も肌に炎症が出ている時は、怖くて使えないです・・・)、自分に合わない成分を避けることが出来ると言う点では、全成分が表示されている化粧品は安心かもしれませんね。

スポンサーリンク

後記

    まとめ

    人体への作用が強い順に

    医薬品 > 医薬部外品 >化粧品

    ● 医薬部外品
    ・医薬品よりは人体への作用がおだやか
    ・厚生労働省が認可した有効成分が一定量配合されている
    ・パッケージに効果効能を謳える
    ・全成分表示の義務はない

    ● 化粧品
    ・医薬部外品よりさらに人体への作用が穏やか
    ・化粧品の目的は清潔・美化・皮膚を健やかに保つなどとされている
    ・全成分表示の義務があり、含有率の高い順に記載(※1%未満は順不同)
    ・パッケージに効果効能を謳うことは出来ない

医薬部外品って、『医薬』という言葉がついているから、なんだかすごく効きそう!っていうイメージがありますよね。

でも全成分の表示義務がなかったり、効果がある分化粧品より作用が強かったりと、自分の今の肌の状態をキチンと見極めて使用することが大事なんだなぁと改めて思いました。

(私がサンプル購入した医薬部外品は、今のところ刺激もなく使えているのでホッとしています^^)

スポンサーリンク

イイネ!と思ったらシェアして頂けるとめっちゃ喜びます(*'∀'人)♥*+
こちらの記事も良く読まれています
サブコンテンツ

このページの先頭へ