こいのぼりの吹き流しの意味!五色を使う理由も調べたよ!

屋根より高いこいのぼりたちの、更に上。

風にヒラヒラとたなびく、派手な五色の吹き流し(ふきながし)って何のためにあるんだろうって思ったことありませんか?

スポンサーリンク

吹き流しにはこいのぼり同様、とっても大切な意味があるんですよね。

今回は、こいのぼり吹き流し意味と、何故五色も使われているのか?について、調べたことをまとめてみました。

1. こいのぼりの吹き流しにはどんな意味があるの??

吹き流しの意味はというと、ズバリ「魔除け」です。

近代までの日本は、現代日本よりも医療が発達しておらず、疫病や栄養失調での死亡・・・・・・特に乳幼児の死亡率が異常に高かったことが記録に残っています。

お母さんが赤ちゃんの手を握っているイラスト特に7歳までは「 いつ神様の元へ帰ってもおかしくない 」と思われていました。

幼子がいる母として考えたくないことですが、小さな子どもが神様の所に帰ってしまうことが本当によくあることだったようです。

そのため、授かった我が子が健康にすくすく育つように、との祈りを込めてこいのぼりが誕生しました。

    こいのぼりとは?

    江戸時代、将軍家に男児が生まれた時に幟(のぼり/旗の一種)を立ててお祝いする風習がありました。

    それが武家に広がり、やがて庶民がそれを真似して、中国の伝説「鯉の滝登り」で立身出世のシンボルとなった鯉を結びつけ、こいのぼりになったと言われています。

こいのぼりは、子どもが健康に育つようにという親心が作りだしたもの。

吹き流しも、「子を脅かす悪いものから守って下さい」という子どもを想う気持ちから生まれています。

ではどうして、派手な色でヒラヒラしている吹き流しが魔除けになるのか?
それは、まさにその「 派手な色 」に理由があったんです。

スポンサーリンク

2. 吹き流しはなぜ五色? 派手なだけじゃないその理由とは

吹き流しには五行説に基づいた五つの色が使われている吹き流しには、

青(緑)

黒(紫)

の五つの色が使われています。
これは古代中国の「五行説」に基づいています。

吹き流しの五色と五行説は切っても切れない関係。
私なりに、簡単にまとめて説明させて頂きますね。

    五行説(五行思想)とは?

    古代中国の「木・火・土・金・水 の5つの元素が互いに助けあったり、打ち消し合ったりしながら、全ての物事が循環している」という思想。

    それぞれ、

    ● 木=青(緑)
    ● 火=赤
    ● 土=黄
    ● 金=白
    ● 水=黒(紫)

    を意味しています。

吹き流しの色はまさにこの五色。
子どもに魔が忍び寄っても、「万物を成す5つの元素が守ってくれる(邪気を祓ってくれる)と信じられていたのです。

なので、吹き流しはただ派手でヒラヒラしているのではなく、1つ1つの色に意味があり、五つの色が吹き流しという形で同時に存在する事で、魔除けの役目を果たしているんです。

なんかヒラヒラしてる!
くらいにしか思っていなくてゴメンナサイ・・・。

スポンサーリンク

後記

    まとめ

    こいのぼりの吹き流しは、こいのぼり(=家族)を守る「魔除け」

    青(緑)、赤、黄、白、黒(紫)の5色が同時に存在することで効力を発揮する
    (万物を成す5つの元素が邪気を払ってくれると言われている)

こいのぼりの吹き流しについて調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

ただヒラヒラしている派手な飾りくらいに思っていた吹き流しに、とっても大事な意味が込められていることに少し驚いています。
この吹き流しがあって、こいのぼりが「こいのぼり」として完成するわけですものね。

こういう背景を知ると、毎年淡々と過ごしていた行事が楽しくなってくるというか、気合いが入るというか。
子どもに意味を聞かれても答えられますしね!

あとはこいのぼりを出す日を待つばかり!
( ̄ー ̄)ニヤリ☆
(関連記事:こいのぼり2017年はいつ出す?飾る意味も子ども向けに簡単に!

スポンサーリンク

イイネ!と思ったらシェアして頂けるとめっちゃ喜びます(*'∀'人)♥*+
こちらの記事も良く読まれています
サブコンテンツ

このページの先頭へ